経営コンサルティング/Management Consulting

当事務所では経営者が安心して本業に専念できるように、企業経営の側面部分を幅広くサポートしています。社長には本業に専念して頂き、それ以外の部分をサポートすることによって、クライアント企業のビジネスの発展を側面から支援していくことが 私たちの使命です。お客様の解決したい問題とお客様のステージに合わせ、お客様に最適な方法をご提案致します。柔軟性を持って対応させて頂きます。最終的に株式上場(IPO)を目指したコンサルティング(資本政策、事業再編、様々な社内制度の整備など)業務等も承っております。

契約内容

顧問契約型は、定期的なミーティングや経営会議の場で、経営に関するアドバイスや指導などを行います。お客様の会議に参加する他に、経営者との個別の相談も受けます。特定のプロジェクトの完遂を目指すパートナーではなく、「中長期的に経営にコミットし、経営を改善に導いてくれるパートナー」を心がけています。経営について継続的に相談することができ、かつ売上改善にも貢献してくれるパートナーになります。

月額報酬

月に1~2回程度の訪問で月額10万円~50万円程度*詳細はご相談ください。

作業の流れ

STEP1.問題点を明らかにする

悩みや恐れの多くは「明確になっていないこと」があげられます。漠然とした悩みを抱えている方はまず「問題点を明らかにすること」を抽出しましょう。決算書とは、1年間の業績や決算時の財産、借金などの負債などがいくらあるかを表したものですが、決算書を見ただけでお金の流れやどこに課題があるかを見つけるのは難しいと思います。しかし、資金管理表を作成することで、会社の問題点がどこにあるかすぐに見つかります。そして、漠然とした資金に関する悩みに対応することができます。

STEP2.資金管理表の作成

不安を取り除くには、過去の資金の流れを把握するのではなく、未来の資金の流れを把握することが大切です。その未来の資金の流れを把握するためのツールが「資金管理表」です。「資金管理表」を作ることで、どの時期に、余剰資金がありどこでショートするのかがわかり、余裕を持った対策が出来るようになります。また、社長のビジョンを、反映させ、全体像を把握し、「資金管理表」で具体化させることで、いつ、何を行えば良いかがわかるようにもなります。会社の経営状況や財務状況もひと目でわかります。どのように顧客と取引するべきか、どのように売上を伸ばすのか、どのように資金調達する必要があるか具体的にこれからすべき行動が見えてきます。

STEP3.月次での経営サポート

毎月1回、御社に訪問し進捗状況を話し合い、経営課題を一緒に解決策を考えましょう。結果の出るサポートをします。一度立てた計画が合わない時はPDCAサイクルを確認し、修正します。資金管理表は策定したプランおよびプラン見直しを確認できるため、PDCAサイクルの健全度を確認するのに役立ちます。もちろん当事務所ではお客様の抱える経営課題を幅広く解決でいたしますのでお金以外のお悩みもご相談ください。当事務所の目標は、お客様が永続的に成長をしていくことです。社員の育成やマネジメントに関するお悩み事もご相談ください。人事制度や評価制度、環境の整備などもトータルでサポートし、強い組織づくり及び企業の成長をサポートします。